欲張りな俺の日記

欲張りな俺が、いろいろ書く日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ここ3日の行動

本を買うためにここ3日連続で本屋に通っていました。
初日(一昨日)はおおきく振りかぶってのコミックを買いに行きました。
しかし、如何せんド田舎。発売日が一日遅れるそうな(;´Д`)
ただ行っただけじゃもったいないので、
D.Gray-manの11巻
ネットランナー
を購入。

そして翌日(昨日)。
やっとおおきく振りかぶって8巻を買えました(*´∀`)
8巻の感想はこちらで紹介しています。
あとSmartを購入。
Smartでいつも気になるのは「ちんかめ」というヌードのページがあるのですが、これって未成年も普通に買うよね?いいの?おっぱいでてるよ?

そして今日は月刊アフタヌーンを買った。
月刊アフタヌーンには「おおきく振りかぶって」が連載されている。
昨日はアニメもやってたし、なんだかなんだで、「おお振り」に振り回されていた三日間でした。
でもコミックとアニメが感動を呼ぶエピソードだったので、密度の濃い3日感だった気がします
おお振りアニメ7話感想
アフタヌーン7月号感想

ブログランキング ranQ(ランキュー) 人気ブログランキング

スポンサーサイト

2007年05月25日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

山口県光市・母子殺害差し戻し審初公判

山口県光市で1999年、会社員本村洋さん(31)の妻弥生さん=当時(23)=と長女夕夏ちゃん=同(11カ月)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われ、最高裁が1、2審の無期懲役判決を破棄した当時18歳の少年だった元会社員の被告(26)に対する差し戻し控訴審第1回公判が24日、広島高裁であり、楢崎康英裁判長は、弁護側が請求した被告人質問と心理学者の証人尋問を採用、犯行時の状況について審理することを決めた。
Yahoo!ニュース 時事通信より抜粋。

個人的な感情としては、強姦目的で妻弥生さんを殺害してから事に及んだ。さらに、側で泣き叫ぶ一歳にも満たない夕夏ちゃんを犯行の発覚を防ぐために殺害した犯人は死刑で当然だと思う。
2006年には被告が友人に当てた手紙が検事側から提出され、その内容は、「自分は未成年だから死刑はない。おとなしくしていれば数年で出られる」といった内容。その手紙が提出されたことよって、死刑に相当する刑が科せられるのを懸念し、被害者木村さんに対し反省の手紙を書くが、内容は自分の生に執着したものばかり。同情の余地はないような気がする。

被告の手紙についてまとめられているページを見つけたので、参考までにどうぞ。
Yahoo!掲示板 国内ニュース

そして、俺が注目するのは被告側の弁護士の動きだ
一審の山口地裁で「死刑」を免れ「無期懲役」の判決が下ったとき、傍聴席の本村さんをはじめとする遺族の前でガッツポーズをした弁護士がいる。
中光弘治という弁護士、どうやらこの人は「死刑廃止論者」らしく、死刑に相当する判決を避けるために、意図的に法廷を欠席したこともある。
今回の差し戻し判決でも、21人の弁護団が着いたが、どうやらこれも「死刑を廃止したい側の弁護士が尻馬に乗った」というような話もある。

ガッツポーズについての記事は、日付が古い為にネットに記事が残ってませんでした。このことを取り上げているブログは見つけたのですが、感情的な言葉が多い為、リンクを載せる事は、やめました。

21人の弁護団については、ある弁護士さんのブログに見解が乗っていて、死刑反対の弁護士として参加するのは当然の流れと語っている。注・この弁護士さんは死刑廃止論者ではない様です
なるしす日記 元少年、死刑か回避か=光市母子殺害、差し戻し審開始-広島高裁

俺が何が言いたいのかというと、この事件加害者は当時18歳で、死刑を下せるギリギリの年齢だった。しかし、一審・二審では「無期懲役」とされ、最高裁ではそれを棄却。
この裁判の結果次第で、18歳という微妙な年齢の人間に対しての判決が、これからの「判例」になるのです。俺の感情としては、「死刑」は当然だと思う。しかし、罪を犯した人に対する判断は、客観的に見ても公平でなければならない。そして、できれば国民が納得する形で解決してもらいたい。そんな一心でこの記事を書きました

難しい話なので、見る人が見れば筋が通ってないような記事になってしまいましたが、皆さんはどう思われるでしょうか?

ブログランキング ranQ(ランキュー) 人気ブログランキング

2007年05月25日 ニュース トラックバック(1) コメント(5)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。